プログラムによるUIWebViewの生成方法

IB(Interface Builder)を使わない場合は、
以下のように生成します。

UIWebView *wv = [[UIWebView alloc] initWithFrame:CGRectMake(0,0,320,460)];
[self.view addSubview:wv];
[wv release];

変数名と位置・サイズは自由に設定して下さい。
この場合は(0,0)の位置に320×460の画面いっぱいのウェブ領域を描画しています。

例えば、何もないプロジェクトで、
viewDidLoad内に以下のように追記してみて下さい。

- (void)viewDidLoad
{
    [super viewDidLoad];
	// Do any additional setup after loading the view, typically from a nib.
    
    UIWebView *wv = [[UIWebView alloc] initWithFrame:CGRectMake(0,0,320,260)];
    [self.view addSubview:wv];
    [wv release];
    
    NSURL *URL = [NSURL URLWithString:@"http://www.yahoo.co.jp"];
    NSURLRequest *URLreq = [NSURLRequest requestWithURL:URL];
    [wv loadRequest: URLreq];
}

これでシミュレータで実行すると、
以下のようにヤフーのトップページが表示されるはずです。

web07

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ