UIControlEventの種類:あらゆるイベントをマスターしよう

イベントとは

ボタンをタップして何かアクションを起こすにしても、

・ボタンに指を触れたときなのか
・ボタンに触れた指を離すときなのか

など、アクションを起こしたいタイミングは、
パーツの種類や状況によって変わります。

xibファイルでパーツを設置した際には、IBActionとの「関連付け」が必要です。
関連付けする際にイベントの種類を選びます。
イベント

また、プログラムでパーツを生成した際には、
以下のようにイベントを指定してあげる必要があります。

[btn addTarget:self
            action:@selector(BtnPush:) forControlEvents:UIControlEventTouchUpInside];

イベントの種類

イベント名 説明
UIControlEventEditingDidEndOnExit テキストフィールドの編集が終了し、フォーカスが外れたときに呼ばれる
UIControlEventEditingChanged テキストフィールドの編集時に呼ばれる
UIControlEventEditingDidBegin テキストフィールドの編集開始時に呼ばれる
UIControlEventEditingDidEnd テキストフィールドの編集終了時に呼ばれる
UIControlEventTouchCancel キャンセルイベントが起こった際に呼ばれる
UIControlEventTouchDown 指で押したときに呼ばれる(タッチダウン)
UIControlEventTouchDownRepeat 複数回のタッチダウン時に呼ばれる
UIControlEventTouchDragEnter コントロール境界外から境界内へのドラッグ時に呼ばれる
UIControlEventTouchDragExit コントロール境界内から境界外へのドラッグ時に呼ばれる
UIControlEventTouchDragInside コントロール境界内でドラッグ時に呼ばれる
UIControlEventTouchDragOutside コントロール境界外でドラッグ時に呼ばれる
UIControlEventTouchUpInside コントロール境界内で指で押して離すときに呼ばれる(タッチアップ=いわゆるタップ)
UIControlEventTouchUpOutside コントロール境界外でのタッチアップ時に呼ばれる
UIControlEventValueChanged コントロールの(value)値が変化した際に呼ばれる

特に、最初にに重要なのは、

・ボタンにおける「Touch Down」「Touch Up Inside」
・スイッチやスライダーにおける「Value Changed」

などです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ