iPhoneアプリ作成をしたい初心者さんへ

1. まず必要なものを把握する

iPhoneアプリを作成するには実はアレコレ準備がいります。
とはいっても、整理しちゃえば大したことないので、以下をご覧下さい。


開発に準備するもの

 

2. 軸とする教材を用意する

プログラミングが得意なら、
専門の参考書を数冊買って独学でもできるでしょう。

ただ、そんなにプログラミングが得意でないけど、
アプリを作ってみたい!という人は、スクールに通うと確実です。

私も某スクールへ通って基本を覚えたのですが、
やはり『基本のカリキュラム』があるといいですね。

基本ができると、

ネットサーフィンで何か調べるときも
応用編の参考書を買ったときも

スムーズに頭に入り、結果的に
スピーディーにオリジナルアプリをポンポン作れるようになります。

で、まあスクールの難点はお金ですね。
とにかく高い笑

で、最近流行り出したのが、
ハニーアップスってサービスです。

実際に気になったのでやってみました。
まあ、私は一度全て学んだ(つもり)なので、
新しい気付きみたいのはあんまりなかったのですが、

いや、これで十分です。
これからアプリ作っていく人は。

参考書は1冊お勧めなら、
よくわかるiPhoneアプリ開発の教科書

ですが、まあこれは私のブログでOKって方は、
私のブログを辞書みたいに使えば無くても大丈夫かと。

 

3. 最初はコピペでバンバン作っていく

最初は、とにかくお手本アプリをそのまんま作っていくといいですよ。
そうすると、全体像が見えてきます。

ちょっと宣伝しすぎですが笑

さっきのハニーアップスは、
このあたりをほんとうまく作り込んだ教材だと思います。

コピペに慣れてくると、
ネットに落ちている便利なサンプルプログラムも簡単に使えます。

最初はそういったことを繰り返し、
なんとなくいろんなアプリを作れるようになったら、
次にしっかり文法や専門事項を学んでいく。

※これって受験勉強なんかと一緒ですね笑

その方が楽しいし、モチベーションも上がります。

 

4. 流行るアプリに挑戦する

まあアプリを作って自己満足というのもアリですが、
出すからにはAppStoreで流行らせたいですよね。
もっといえば儲けたいですよね笑

そうなってきたら、
今度はプログラミングだけでなくて、

・AppStoreでのマーケティングを勉強
・アプリのコンセプトやデザインのレベルアップ

など幅を広げていきます。

ここまで到達すれば、
立派なアプリ屋さんですね。

私もこの辺はまだまだなので、
学んだことがあればブログに書いていきますね。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ